TOP ABOUT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

吉松育美さん恐喝Ⅱ

別の記事も見てみましょう。

ちょっと長いです。

The Beauty vs. Japan’s Beasts
By Jake Adelstein December 18, 2013 1:00 PM The Daily Beast


http://news.yahoo.com/beauty-vs-japan-beasts-180000042--politics.html;_ylt=A0SO8wYuztBSpHoA64dXNyoA;_ylu=X3oDMTEzbHQ5MWM2BHNlYwNzcgRwb3MDMgRjb2xvA2dxMQR2dGlkA1NNRTM0Nl8x


The 53rd Miss International was crowned Tuesday in Tokyo, but her predecessor, the first Japanese woman to win the title in 52 years, Ikumi Yoshimatsu, was not there to hand over her crown. Ms. Yoshimatsu (born June 21st, 1987) is an actress, best-selling author, and a social activist.
東京の53回ミスインターナショナルの戴冠式が火曜に行われたが、前任者で52回大会で日本人として最初にグランプリに輝いたイクミヨシマツから王冠が引き継がれることはなかった。

The reason for her conspicuous absence: she was told to “play sick” by the management of the contest, The International Culture Association, who fear that a powerful talent agency executive stalking her might “cause trouble.” The organization demonstrated a blame-the-victim mentality that has outraged and troubled many inside and outside of Japan.
彼女はコンテストの主催者から仮病を使うよう言われた。
国際文化協会は彼女が強力な芸能プロダクションの幹部からストーカー被害に遭っているのではないかと恐れている。
協会は被害者を非難する心理が日本の国内外で多くのトラブルを抱えていることや怒りを買っていることを示した。

In terms of sexual equality, Japan is still decades behind most advanced nations, ranking 105 out of 136 in the 2013 Global Gender Gap Report. When it comes to show business, the nation is like 1950’s Hollywood, when the mob still ruled and powerful talent agencies controlled every aspect of the lives of their contract celebrities.
男女平等という観点では、2013年の世界男女格差報告書にもあるように日本は先進国の中でも遅れている。
芸能界では1950年代のハリウッドのように暴力が支配し、強力なタレント事務所が芸能人の生活のあらゆる面を支配している。

For years, the authorities have mostly turned a blind eye to the thuggish behavior and the yakuza’s influence in the Japanese entertainment world. In 2011, the Jay Leno of Japan, Shimada Shinsuke, was forced to retire after his close ties to the Yamaguchi-gumi (Japan’s largest crime group) were exposed but his talent agency, Yoshimoto Kogyo, continued business as usual. It is widely known that mob still runs many of the talent agencies. Most stars accept it as an unavoidable reality and the mainstream media, which needs access to the celebrities, blithely ignores the seedy side of the industry.
何年もの間、当局は日本の芸能界の暴力的な活動とヤクザの影響力に注目してきた。
2011年の日本のJay Lenoである島田紳介は、日本最大のヤクザと密接な関係があることを暴露され、引退を余儀なくされた。
しかし、彼の所属事務所はこれまで通りのビジネスを続けている。
暴力団関係者が芸能事務所を経営していることは広く知られている。
ほとんどのスター達は避けられない現実としてこのことを受け入れ、芸能界とつながりのあるメディアは業界の怪しげな部分に目を瞑っている。


But Ms. Yoshimatsu would not bow down to the status quo.
しかし、ヨシマツは現状に屈しなかった。

She and her lawyer, Norio Nishikawa, held a press conference at the Foreign Correspondent's Club of Japan on December 16th, to explain the sequence of events that led to her filing criminal charges and a restraining order against one of Japan’s most powerful talent agency executives earlier this month.
彼女と弁護士のノリオニシカワは12月16日に日本の外国人記者クラブで記者会見を開き、月の初めに日本のもっとも強力な芸能事務所の幹部を威力業務妨害で刑事告発した経緯について説明した。

Her alleged stalker is Mr. Genichi Taniguchi, president of Pearl Dash and an executive at K-Dash. K-Dash is one of Japan’s biggest talent agencies, handling such luminaries as Ken Watanabe (The Last Samurai, Batman Begins).
ストーカーの疑いをかけられているのはゲンイチタニグチ氏である。
パールダッシュとKダッシュの社長で、後者は渡辺兼(ラストサムライ、バットマンビギンズ)も所属している。

In her statement before the press conference she noted, “I have filed these charges and I’m naming my tormentor in public, despite his intimidation, threats and connections. I do this not for my personal benefit, but to voice my concern and outrage on behalf of all the women…. who could not call for help out of fear of retaliation and being possibly fired from their jobs, and ignored in a society where a ‘culture of silence’ toward crimes against women has been the standard for centuries.”
記者会見の前に彼女は
「これらの告発をして、脅迫によって私を苦しめる人の名前を公表する。
自分の利益のためではない。
女性に対する犯罪を黙殺するのが何世紀にもわたって標準だった文化では
女性は報復を恐れて助けを求めることもできないまま仕事を解雇されたりした。
それら全ての女性を代表して懸念と怒りを表明する。」
とした。

Meet your new boss

According to Ms. Yoshimatsu, her problems began shortly before she was crowned Miss International, and still being handled by a smaller talent agency. In spring 2012, Mr. Kazuyoshi Ishii, a former K1 fight promoter, showed up at the management company she was working with. She was taken by car to the office of Burning Productions, the most powerful talent agency in Japan. She was introduced to Ikuo Shuo, often called “the Don of the Japanese entertainment industry.”
ヨシマツさんによれば、問題は彼女がミスインターナショナルに輝いた直後に始まった。
そして、それまいまだに小さいプロダクションによって処理されている。
2012年の春、かつてのK1プロモーターのカズヨシイシイ氏は彼女が働いていた管理会社に現れた。
そして、彼女は日本で最も強力な芸能事務所であるバーニングプロダクションに車で連れて行かれた。
そして、日本の芸能界のドンといわれるイクオスホウに紹介された。

According to police sources, Mr. Shuo began his career as a driver for the deceased senator, Kouichi Hamada, a former member of the Inagawa-kai crime group. Mr. Shuo, with the aid and backing of Mr. Hamada created Burning Productions, and locked down a role as a major player in Japan’s entertainment industry. The firm has had issues. Bullets were fired into their office in May of 2001, in what appeared to have been part of a gang war. In 2007, police files mistakenly leaked onto a file-sharing site by a Tokyo Metropolitan Police Officer, Burning Productions was listed as a “client company” of the Yamaguchi-gumi Goto-gumi.
警察筋によると、スホウ氏のキャリアはかつての稲川会のメンバーで衆議院議員の故コウイチハマダ氏の運転手として始まった。
ハマダ氏の支援を受けてバーニングを設立し、日本のエンターテインメント業界の主要な地位役割を確かなものにした。
同社は問題を抱えていた。
2001年5月、オフィスに銃弾が撃ち込まれた。
それは暴力団同士の抗争の一環にも見えた。
2007年に東京都の警察官が誤ってファイル共有サイト上にリークしたファイルに、バーニングは山口組系暴力団後藤組の「クライアント企業」としてリストされていた。

Ms. Yoshimatsu said that after researching and finding out more about Burning group, “I felt very uncomfortable about having been taken there. I also heard a tape recording of what sounds like Mr. Shuo talking about his relations with a crime family.”
ヨシマツ氏はバーニングに関する詳細を調べてこう語る。
「そこに連れて行かれたのは非常に不快だった。
スホウ氏が犯罪者一家と関係がある可能用に聞こえる録音も聞いた。」

After winning the world title of Miss International on October 21, 2012, she informed her manager that she would not be extending her contract, and that she would form her own independent management company. She decided to hire Matt Taylor, an American, to be her overseas agent. In what was supposed to be her final meeting with her previous management, Mr. Ishii walked into the meeting.
2012年10月21日のミスインターナショナルのグランプリに輝いたあと、
彼女はマネージャーに独立事務所を設立して契約延長をすることはないと伝えた。
彼女は海外のエージェントになるためにアメリカ人のマット•テイラーを雇うことにしました。
前のマネージャーとの彼女の最後の会合では彼女のサポートのため石井も参加した。

“He demanded I meet a close friend, that he said he and Mr. Shuo approve of; Mr. Taniguchi of K-Dash. I made it clear to Mr. Ishii that I was aware of allegations and rumors that the company (Burning Productions) is connected to the yakuza. Morally and ethically, I cannot work with such people or their associates nor do I want to. I refused.”
「彼は私にスホウ氏が認めた友人であるKダッシュの谷口に会うよう求めた。
私はイシイ氏に、バーニングプロダクションがヤクザと関係があることを知っていることを明かした。
道徳的・倫理的にそのような人と協力することはできないと拒否した。」

On December 30th, at the filming of a TV special for Nihon Television, she met Taniguchi for the first time. He had come onto the set with a pass from a different show. He began shouting accusations at her and creating a scene. He claimed that Taylor did not represent Yoshimatsu and that they owed him money. At one point, he allegedly grabbed her arm and forcibly tried to pull her out of the studio. A tape recording and pictures of the incident back up her account. On the recording, Mr. Taniguchi constantly invokes the name of Mr. Shuo, like uttering a magic word, as the staff tries to make him leave the building.
彼女は12月30日に日本テレビの撮影の時に初めて谷口に会った。
彼は別の番組を抜け出してセットのところに来ていた。
彼は叫びながら彼女を非難し、場を支配した。
彼はテイラーは吉松を表すものではないこと、自分たちがお金を負担したことを主張した。
ある時、彼は彼女の腕をつかんでスタジオの外に引きずり出した。
テープや写真の記録に事件の詳細が残っている。
スタッフは彼が建物を残すにしようとするなどの記録では、谷口氏は常に魔法の言葉のようにスホウ氏の名前を出していた。

In the months to follow, Mr. Taniguchi repeatedly contacted her family and her associates, demanding money that he claimed she owed him and also that she sever her business ties with Mr. Taylor. He sent several ominous messages to her family. He hired private detectives to spy on her office and home.
その後の数か月の間、タニグチ氏は繰り返し彼女の家族や関係者に接触をし、
彼女が自分に対して借金をしていることや、テイラー氏との関係を断つことを要求してきた。
彼は彼女のオフィスや家を探すスパイを雇ったのだ。

In a June call to her father, Taniguchi in seemingly paternal tones said, “I’m worried that she might wind up dead or killing herself,” mentioning his own former client, Ako Kawada, who had died mysteriously in 2008. The family and Ms. Yoshimatsu interpreted this a veiled threat. Mr. Taniguchi allegedly continued to defame her to clients, intimidating them into dropping commercial deals with her.
6月にかかってきた彼女の父親への電話で、タニグチ氏は父親のような口調で言った。
「彼女は自殺するかもしれないと。」
また、2008年に不審な死を遂げた彼の元クライアントの川田亜子の名前も出した。
彼女や家族は得体のしれない脅威と考えた。
伝えられるところでは彼女の中傷し、自分の下で仕事をするよう脅し続けた。

Eventually, the Miss International contest sponsors also yielded to the pressure of Mr. Taniguchi.
最後はミスインターナショナルのスポンサーも谷口氏の圧力に屈した。

On November 13th she was called into the Miss International office here in Tokyo and informed that Mr. Taniguchi had been pressuring the sponsors to drop her. She explains, “Even after I explained the situation, Miss International told me to ‘play sick’, ‘keep quiet’ and not attend the world final pageant. While expressing sympathy they did not offer to help me, or provide security for me.” Her manager, who was with her, recorded the conversation. The International Culture Association did not return calls asking for comments.
11月13日に彼女は東京でミス•インターナショナルのオフィスに呼ばれ、谷口氏が彼女を支援しないようにスポンサーに圧力をかけていたことを知らされた。
状況を説明した後でもミス•インターナショナルは、「病気で安静が必要」という理由で世界最終ページェントに参加しないように私に言った。
共感しているというものの、彼らは私を助けたり、私のためにセキュリティを提供してくれることはなかった。
彼女のマネージャーは、会話を記録した。
国際文化協会は、彼女のコメントに返事を返さなかった。

Mr. Taniguchi in response to these allegations stated, “I’m no stalker. Her manager, Matt Taylor, owes me a large sum of money and I was merely trying to get paid back. Yes, I was at the television shooting on December 30th, but I never grabbed Ms. Yoshimatsu and didn’t cause any trouble. I never hired private detectives to spy on her.”
この主張を受けて谷口氏は言う。
ストーカーではない。彼女のマネージャーのテイラー氏が私に多額の借金をしている。
私はそれを返済してもらおうとしただけです。
私は12月30日にテレビの撮影があったが、ヨシマツ氏をつかんではありませんし、トラブルが発生することはありませんでした。
彼女をスパイするために私立探偵を雇ったこともありません。

Mr. Taniguchi’s lawyer tells a slightly different tale, “Mr. Taniguchi wanted to seize any assets Mr. Taylor had and he hired private detectives to follow him. I received a report from the detective agency. There were pictures of Ms. Yoshimatsu’s office and home but no grossly invasive photos.”
タニグチ氏の弁護士は少し異なる主張をする。
タニグチ氏はテイラーの資産を押収するために私立探偵を雇った。
私は探偵事務所から報告を受けた。
これがヨシマツ氏のオフィスや家庭の写真です。しかし下品で卑劣な写真を撮ってはいません。

Mr. Taylor acknowledges that he owes Mr. Taniguchi money after losing a lawsuit to him in 2012. “I have been trying to work out a payment plan with him, but he insisted on taking Ms. Yoshimatsu’s contract over as part of it. I don’t think he understands that I can’t sell her to him like she was a slave—nor would I if I could. We’re in a different age.”
テイラー氏は、彼が2012年に彼に訴訟で負けた後、谷口氏にお金を借りていることを認めている。
「私は彼との支払い計画を実行しようとしているが、彼はそれの一部としてヨシマツ氏の契約を引き継ぐことを主張した 。
私はたとえできたとしても、彼女を奴隷のように彼に売ることはできないし、したくない。
そのことを彼が理解してくれたとは思わない。
私と彼は生きている時代が違うのだ。

Her soft-spoken lawyer notes, “Whatever personal issues Mr. Taniguchi has with her manager, that doesn’t justify harassing her because of it—not legally and not by any ethical standard.”
彼女の弁護士は穏やかな口調でこう指摘する。
「タニグチ氏が彼女のマネージャに対して抱えている問題が何であれ、
合法的でも倫理的でもない彼女に対する嫌がらせが正当化されることはない。」

Japan’s silent press
日本の報道はだんまり
The coverage of the story by the mainstream Japanese media has been remarkably mute. Japan’s best-selling weekly magazine Shukan Bunshun broke the story on December 12th with a four-page article. The only two mainstream Japanese newspapers that dared to fully write up the story were the Saga Shimbun, located in Ms. Yoshimatsu’s home prefecture—and the liberal tabloid, Nikkan Gendai.
日本の主流のメディアによる報道は格段に語気を弱めている。
日本で最も売れている週刊誌週刊文春が12月12日に4ページの記事で報じた。
事件を完全に書く勇気があった日本の主流メディアはわずか2紙、リベラルタブロイドである日刊ゲンダイにヨシマツ氏の地元の佐賀新聞だけであった。

This has not gone unnoticed by the Japanese public. Ikumi’s blog, in which she posted the story of her plight, has had over 1,000,000 views since December 12th. She has received hundreds of supporting emails and comments, including those from other beauty contestants. There has also been an outpouring of sympathy and shared stories from other women who have been victims of stalking. Japan’s popular comment websites like 2channel are ablaze with comments expressing outrage and disappointment over the mainstream Japanese media’s failure to report her plight.
日本国民はこのことを見過ごしてはいけない。
彼女の窮状を述べたブログは12月12日だけで100万回以上読まれている。
数百もの支援のeメールやコメントをもらっている。
その中には他のミス候補も含まれる。
また、ストーカー被害者であった他の女性からの同情や心境を共有するものもあった。
2ちゃんねるのような日本の大衆コメントのサイトは、彼女の窮状を報告しない主流の日本のメディアの失敗に怒りと失望で溢れている。

This is no surprise. Japan’s major media depends on access to talent agency controlled celebrities for content, commercials, and entertainment
and any firm reporting negatively on the agencies risks being the odd man out.
これは驚くべきことではない。
日本の主要メディアは、芸能プロダクションへの立ち入り、コマーシャル、エンターテインメントに依存しており、これらに対して否定的な報道をすると仲間外れになるリスクがある。

An entertainment reporter for a major Japanese newspaper explained the general silence of the press as follows, “Mr. Shuo is like the Voldermort of the Japanese entertainment world. Everyone knows who he is and is terrified of him but no one wants to say his name. Everyone knows that he and Mr. Taniguchi are close. The costs of pissing him off are huge, in terms of loss of access and revenue, and the benefits of taking Ms. Yoshimatsu’s side are not much. It’s sad but that’s the business.”
日本の主要新聞の芸能記者は、次のように、プレスの一般的な沈黙を説明する。
スホウ氏は日本の芸能界のヴォルデモートのようなものです。
彼が誰なのかを知っていて彼を恐れていて、彼の名を呼びたがらない。
誰もが彼と谷口氏が近いことを知っている。
彼を怒らすことはプロダクションへの立ち入りと収益の損失の点で、ヨシマツ氏の肩を持つメリットはありません。
悲しいですがそれがビジネスだ。

All is not lost for Ms. Yoshimatsu. She has been offered film work in the United States. A National Diet member alarmed by her plight is meeting her this week and plans to call for an investigation. Akie Abe, the outspoken wife of Japan’s current Prime Minister, who was judge for this year’s contest, is reportedly furious and demanding answers from the International Culture Association on how they handled matters.
ヨシマツ氏にとってすべてが失われたわけではない。
彼女には米国での映画の仕事も提供されています。
彼女の窮状危機感を募らせた国会議員は、今週、彼女に会い調査を要求することを計画している。
今年のコンテストの審査員を務めた日本の総理大臣夫人アキエアベ、国際文化協会の問題の扱い方を知ると激怒し、回答を要求している。

Mrs. Abe isn’t the only one demanding answers. For the thousands of women in Japan who have silently put up with stalking and harassment by powerful individuals, Ikumi Yoshimatsu, has become an icon defiantly standing up for them all.
アキエ夫人が回答を要求だけではない。
イクミヨシマツは強力な個人によるストーカー行為や嫌がらせを静かに我慢している数千人の女性のために立ち上がり、彼女らすべての肖像となっている。



さて、これが海外で報じられている内容です。
テイラーさんの話にあった、吉松さんを奴隷のように得ることはしたくないって話。
これと、去年国連の総会で大使が「シャラップ」と怒鳴った問題。
あと、橋下さんが沖縄米軍は風俗を利用すればいいって発言。
これって全部関連してて、日本人の人権意識の根底にあるものが国際標準から
ずれているっていうことの表れなんじゃないかと思う。

国連での一件は安倍さんがオバマ大統領との会談をキャンセルされる事態につながったとも言われている。
男女の格差に限らず、一度「人権」というものを本気で考える機会が必要なんじゃない?
かくいう僕もグローバルスタンダードの人権意識を持っているとはいえないし。

あるかわからないけど、新しい記事見つけたらまた訳してみます。

スポンサーサイト

2014/01/11 15:55 | 未分類COMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

くだらんなこの事件。
いちいち記者会見なんか開かずに警察に被害届だけだしてりゃいいんだよ。
しかも人権とか訳わからん事言ってる始末。
典型的な左翼的思想だなこの記事。

No:1 2014/01/11 22:23 | #- URL [ 編集 ]

上のコメントへ

よく知らないのに適当なことを言って批判するのはやめましょう
吉松さんは警察にも届けています
しかし受理されないという異常な状態なんですよ

No:2 2014/01/12 00:59 | 通りすがり #- URL [ 編集 ]

左翼か?

No:3 2014/01/12 11:23 | deanes #- URL [ 編集 ]

ブサヨ「典型的な左翼的思想だなこの記事」

No:4 2014/01/12 17:58 | #mQop/nM. URL [ 編集 ]

 強姦魔「谷口一」の一味じゃないかと疑ってしまうのだが・・・・・・・No:1のおまえ

No:5 2014/01/12 18:11 | MAX9のトンスラー #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 

ページトップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。